お知らせ

新入生、保護者の皆さまへご挨拶

京都府立医科大学 府立大学生協 副理事長
田中 雅樹
京都府立医科大学大学院 医学研究科 生体構造科学 教授

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
これから学生生活を始めようとされる皆さんは、大きな夢や期待に胸を膨らませながら、新生活を思い描いておられることでしょう。古都・京都は、歴史・文化に彩られた街であり、大学が数多く立地する学生の街でもあります。古くから受け継がれ、育まれてきた文化を大切にするとともに、研究や学問を尊重する気風があります。そのなかで、皆さんの大学生活が意義深く、また実り多いものとなることを心より願っています。
 さて、本学に入学された皆さんに、大学生協に加入されることをお勧めします。大学生協は、営利を第一の目的とする組織とは異なり、皆さんの学生生活が豊かで充実したものとなるよう、手助けする組織です。たとえば、大学生協の食堂では、栄養バランスのとれた、安全・安心な食事を提供しています。大学生協の組合員になっていただければ、生協食堂を組合員価格で利用していただけるので、学生の皆さんにも納得いただける、財布に優しい価格となります。また、レシートにカロリーや栄養素が表示されるので、自らで「食」を管理しやすくなります。食生活の自己管理は自立の第一歩です。バランスのとれた食事は、健康を維持するうえでも大切です。ただ、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、両大学とも一時期対面での授業がなくなり、生協食堂も規模を縮小しての営業を余儀なくされました。2021年4月からの新学期は以前のように賑やかな生協食堂に戻って欲しいと願っております。
 他にも生協では、教科書の10%割引販売をはじめ、新学期パソコン・書籍・文具の勉学用品の提供や先輩によるカリキュラム相談会などの入学時支援の取り組みから、大学と協力して開催している学内公務員講座・各種資格講座斡旋など自己開発提案や就職支援など大学生活全般をサポートする商品とサービスを提供しています。
 また、府内の生産者の方々と連携し、「大学京あられ」、「たんご彩りもみじ(鹿)カレー」など生協オリジナル商品を学生組合員と開発する取り組みをすすめています。府内の農業の実態を学習するための「農村体験ツアー」を毎年行っています。
 さらに、生協加入時に、学生総合共済と学生賠償責任保険への加入をすすめています。大学生になると、クラブ・サークル活動やアルバイト等で行動範囲が広くなるため、学内外を問わず適用される学生総合共済が役立ちます。加入すると、少ない掛金で、万一、事故・病気に遭遇した際には、充実した保障を受け取ることができます。最近は、大学生の自転車事故が多発しています。不幸にして加害者になった場合でも学生賠償責任保険で保障されます。示談交渉サービスなど学生を応援するための仕組みもあります。
 大学生協は、学生によってつくられた相互扶助の仕組みであり、大学生活がより有意義なものとなるよう皆さんを手助けします。大学生協をうまく利用して、充実した学生生活を送ってください。

お申し込みはこちら