お知らせ

新入生、保護者の皆さまへご挨拶

京都府立医科大学 府立大学生協 理事長
田中 秀央
京都府立医科大学学生部長
京都府立医科大学大学院医学研究科
細胞分子機能病理学教室

教授新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんは今、受験という重圧から解放され、学生のまち京都で天下一品の学生生活を送るという希望に心を躍らせていらっしゃることでしょう。私たち京都府立医科大学・京都府立大学生活協同組合は、皆さんの学生生活が実り多きものになるようお手伝いします。
当生活協同組合(以下、生協)は、両大学の学生と教職員・関連職員とから構成される会員数約9,000名の組織です。大学からの公認を受け、営利を目的とした団体ではなく、自分たちの大学生活をより良いものにするために皆さんの出資によって成り立っています。
生協にはレストランと購買部の店舗が7つあります。組合員の食生活のお手伝いをするレストランでは、薄味食などいつもメニューに工夫をこらし、良い素材を使った美味しく安価な食品を提供しています。購買部では専門書をはじめ文庫本や雑誌などの書籍、文具、パソコンなどの情報機器のほか、飲食品も割安の生協価格で販売しています。教科書・医書は10%割引です。パソコンは学生さんのニーズに合わせた生協独自のモデルを提供しており、サポート体制も充実しています。コンサートなどのイベントチケットの販売や旅行予約業務も行っています。
生協の主役は組合員の皆さんです。単に商品を提供するのではなく組合員の要望や意見を大切にし、その声を生かしたものを提供するのが生協です。また生協ではケガや事故など、もしもの時に備えての「学生総合共済」という保障制度も扱っています。これは全国212の大学生協の73.6万 人を超える学生組合員による相互扶助の制度です。
組合員になっていただく際には運営のため15000円を出資いただきますが、卒業時には出資金を全額返済いたします。私は大学入学時に加入してから今日まで40年近く生協にお世話になってきました。生協の職員さんたちはいつも私たちのそばに立って生活を応援してくださっています。皆さんが生協を利用され、より充実した学生生活を送られますことを願っています。
お申し込みはこちら